医師求人を効果的に行うことができました

求人を出しても外科医は不足

求人 医師 | 医師の転職・求人

病院を経営していますが医師を募集してもなかなか良い人が集まらずに困っていました。
うちの病院は内科と外科を持っているのですが内科医はすぐに集まるものの、外科医常に不足しており1人の医師にかかる負担が非常に大きいため、増員をしたいと思ってもなかなか条件が合わずに非常に厳しい状態が続いていたのです。
よくテレビなどでは1人の医師が次から次へと患者の処置を進める様子が出ていますが、救急患者が多いときにはうちの病院もこのような状態となり1人の人にかかる負担が非常に大きいことから早急に対処しなければならないと考えている反面、実際にはなかなか良い人材が集まらないと言う現実からその対策について苦しい状態が続いていました。
最近は大学病院を卒業した意思が自分で自由にどの医療科に進むかを決めることが自由に出来るようになったとのことで、外科医は非常に人気が低く、なかなか人が集まらないと言う問題が全国的になっているため、うちの病院でも同じような現象が発生しておりその待遇を良くしても集まる人が少ないと言う現象が発生していました。

医師の求人サイトで転職しました。

”○○専門クリニック”っていう売り文句が韓国美容外科にはとても多いけど、これに引っかからないように注意したほうがいい。ビューティーラインみたいに顔の脂肪注入・脂肪吸引なんて医師免許持った人なら一日で取れる研修で得られる資格らしい。逆にそれしか出来ないって医者として問題あるってこと。

— あけび☆整形垢 (@akebiu) 2018年9月25日

医大を卒業した後に、別に親が開業医でもなかったので研修医として医局に残りました。
研修医を始めた頃に知り合った看護婦と結婚して、医大の側に分譲マンションを買って暮らしてました。
医局員を5年ぐらい務めていた頃に、急に教授から医局派遣で過疎地の病院に赴任するように言われました。
大学病院から離れた過疎地に飛ばされたら、患者も減って手術のスキルが身につかない事や、まだ新婚なのに単身赴任をしなければならなくて、赴任期間もいつまでなのか解らなかったので悩みました。
でも医局の教授命令に逆らって断ったら、医局員としてやりにくくなるし、さらに教授や医局員の嫌がらせで採用してくれる病院も無いだろうと諦めて過疎地の病院で単身赴任を一旦は決断しました。
それでも嫌だったので、以前医局を辞めて転職した友人医師に相談したら、医師の求人サイトに相談するといいと紹介してくれました。
早速医師の求人紹介サイトに登録すると、担当のスタッフから私と同じように医局から急で無茶な転勤を強要されて転職している医師が多いと説明してくれて、医局とは関係ない病院を紹介してくれると教えてくれたので安心して頼めました。
大学病院の側のマンションから通える距離にある医局の影響のない病院を紹介してくれて、年収も1000万円近く上がって、患者も多くて手術のスキルも上がって好条件の病院に転職出来ました。

求人を出しても外科医は不足 / 求人代行してくれる会社に相談 / 良い人材は転職支援サービスに集まる